専門知識が身につくはず!ネットを参考に書いている総合情報サイトと言えます。

ポイントを抑えながら覚書程度に書いてみました。噛んでお酒を造るとは?

専門知識が身につくはず!専門サイトを参考にライティングしています。

噛んでお酒を造るとは?

虫歯予防の一番のことは何だと思いますか?キシリトールを噛むことですか。甘いものを食べないことですか。実は一番の予防は、よく噛んでものを食べることです。唾液は噛むことにより分泌される消化液で、虫歯のもとになる酸を中和させる働きを持っています。子供のころ30噛んでから飲みこみなさいってよくいわれましたよね。噛むことは虫歯予防にもなるし、強い顎を形成するなど様々な効果があったのです。よく噛むといえば、意外かもしれませんが、太古日本ではひたすら噛むことでお酒をつくっている時代がありました。ごはんやパンをずっと噛んでいると甘いかおりが口中にひろがってきます。これは唾液中の糖化酵素の働きによりデンプンがブドウ糖に変換されて甘くなる現象です。このブドウ糖を古代の日本人はお酒づくりに活用たようです。穀物をかみくだき、甘くなってから容器の中に吐き溜めます。すると空気中に浮遊している野生の酵母がそこに付着し、やがてアルコールの発酵を自動的に引き起こす仕組みになっていました。穀物を噛むのは汚れを知らぬ乙女たちの専業と伝えられてきました。清らかさあふれる乙女たちは、昔から清潔なお口の健康を象徴する存在だっとことでしょう。

Copyright © 噛んでお酒を造るとは?、偉人と歯並矯正の関連を解説 All Rights Reserved.